双極性障害の治療中。 性自認が曖昧で、推定パンセクシュアルの人が気ままに自由に独り言。
http://884588.blog.fc2.com/

 

 

--.--.--.--(--:--)
スポンサーサイト

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

2012.04.04.Wed(02:44)
蟠りと吐露

 

読めるかな、蟠り=わだかまり
僕は漢字が好きだけれど、今変換してみるまでどんな漢字なのか、知らなかった




さっきは本当にどうしようもなくて、ベッドの中丸まりながら
薄暗い部屋で携帯片手に、Twitterで呟いていた
…本当に、どうしようもないことを

死にたくて、死にたくて、消えてしまいたくて

そんな時に言葉でそっと、手を差し出してくれる人が居る幸福を、味わった
読んでないだろうけど、そらなちゃん、ありがとうね
りくも、いつも声がけありがとう



それで、何とか…夕飯は食べられたわけだ、半ば引きずられるようにベッドから出されたけれど
食事の最中も後も、口を開きたくないというか、声を出したくなくて
僕がいつも逃げ込む自室の角にある隙間で籠もってたら、母が声を掛けに来た

最初はだんまりなんだけれど、徐々にこう、話さないといけない状態に誘導されるというか
(僕の母は心身障害者の方の施設を経営している、謂わばプロ…敵うわけがない)
ぼちぼち、色々と押し問答の末、僕が日頃引っかかっていることを話したり、したよ


一例として挙げるとすれば…そうだな…
どうもここのところ、父を避けたくて、それがどうしてだか、やっとわかったんだ
年金受給者なくらい、言うなればもうおじいちゃんな年齢なんだけれど…
僕を『娘』扱いするのが、どうも嫌だったようだ
「あれ、うちの娘どこだ?」
とか、僕を探して呼ぶ時に娘という単語をよく使うのが、ここのところ気になっていて
それは多分、息子だったはずの子どもがMtFで、僕には『普通』を無意識に求めているっていうことじゃないかということになり
日頃の女の子扱いも相俟って、それが、すごく嫌だったんだ、と

あとは母にも、テレビを見ている時に体型のことを少し言われ(女としてモテるだのどうだのと)
それがたとえ軽口であったとしても、傷つくんだということを、伝えた


男でもない、女でもない、自分の性別がわからない

それがより一層、この鬱的な感情に拍車をかけているようだった
…つまり、家族とちゃんとコミュニケーションがとれていなかったんだな

多分勘の良い母親のこと、父には僕がどんな思いでどんな風に苦しんでいるか、噛み砕いて説明してくれるんだろうと思う
一卵性親子、と言って笑えるほどに、母とは仲が良いんだ


僕が泣いてぐずぐずしているところで頭を撫でながら、
「●●●(本名)っていう名前、嫌だった…?」
と優しく訊かれた時、更にぶわっと涙腺が崩壊したようになって
嫌じゃないんだ、と言わなければと思う反面、男になりたい今では違和感を感じるのもまた、事実で
僕が名乗ってる瞬の元になった部分までなら良い、と、少し外した回答をしてしまった
…親がつけてくれた名前、大事にしたいのに

あとそれから、
「この世に未練なんかないから、逝く時は一緒に逝くからね……一人で逝ったら、駄目だよ」
だなんて言われて、実の親にそんなことを言わせた自分が、とても情けなくなった
自分の子どもが苦しんでいるのは、自分が苦しいよりももっと苦しいんだ、と言ってくれる母を、
僕は、心の底から尊敬している

「一家心中しようか……っていう話を、お父さんともするんだけどね」
なんて話を笑いながらするものだから、やっぱり両親が生きている限りは、生きていようと…思った




ちゃんと、普通に、生まれてこられなくて、ごめんなさい
まっとうな道を歩んでいけなくて、ごめんなさい
しなくてもいいような苦労ばかりかけて、ごめんなさい



本人に伝わっているかは、わからないけれど
僕はこの世界で一番、母を尊敬しているし、大切だと思っているよ






そんなわけで、とりあえず、落ち着いた……かな
ただ、ちょっと投薬内容を変えてもらうことになると思う…多分、ね

家から出たくないというか、このフロアから出たくないという気持ちが強くって、
明日(今日か)の午後から病院に行くかどうか、という話には首を横に振った
寝て起きてみないと、なんとも言えないけれど
……行きたくない、んだ…病院というか、このフロアから下に
どのみち、土曜日は通院日だし、金曜日も喘息の定期通院だから、出なければならないんだけれど

人間、無駄な抵抗をしたがるもの…なんだ、多分、きっと


クリックしていただけると励みになります
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 

 

  1. テーマ * ひとりごと
  2. ジャンル * 心と身体
 

 

 
Comment
 

読んでるっつーのw

フォローしあってて読んでないわけ無いでしょw
え、まさかスーパーそらなちゃんランドは無視ですか?
誰でもウェルカムですよ。

しかし良い親だなー。ウチのバカ野郎共に爪の垢をそのまま食べさせたい。
「いつまで薬飲んでんの?」
知るかっつーの。殺意の衝動だよ。

アレだ、俺はどうもMtFやFtMの方の気持ちが分からないのだ。
そこに生来の人見知りも相まってコメントがチキン的な何かに逃亡。
ただ、俺は最近『魔法少女まどか☆マギカ』を一気に観たのだが、
おっさんから魔法少女になりたくなった。OtM。

スマン、マジレスで何とか掬い上げようとするとネタっぽくなるのは俺の特技。返上したい・・・。

>男でもない、女でもない、自分の性別がわからない
これはもうスパっと「じゃあ女!」みたいにはイカンのか?
できたら苦労してねーんだよなー・・・。
じゃあ色々やってみればいいんだ!→双極性ですが何か?

とりあえず医者に行って薬飲んで、コーヒー牛乳でも飲もう。
へぼすぎのおっさんが飲んでる安いやつじゃなくてw雪印最強!
名前:そらな | 2012.04.04(水) 17:32 | URL | [Edit]
 

>そらなちゃん
ありがとう、いや、僕のとこなんか来てくれてんのかなーとか思って…w
因みにスーパーそらなちゃんランドは見てますよ
そらなちゃんのブログ、面白い

親は本当に…僕のせいで苦労掛けっぱなしなのが申し訳なくなるくらい
本当、良い両親だと思ってるよ
……いつまで薬飲んでんの?は、ちょっと……胸が苦しくなるなぁorz

あぁ、それは仕方ないと思うよ、やっぱりその立場じゃないとねぇ
まどマギ見たのかそらなちゃん…w
魔法少女になったらキュゥべえになるね^^(?)
…なんていうか、ねぇ…すっぱりいけないんだよ、どっちの性別でも違和感あるというか
ぴったり女だ!ってなってる時は、僕にとっては躁のサインだから危険といえば危険だったり、…まぁ、複雑なわけで…
躁鬱とジェンダーが密接な関係な気がする、僕の場合はね

コーヒー牛乳おいしいよなぁ…高校生の頃にはよく飲んでた気がする、いちごオレくらい
久しぶりに買ってみようかな、コンビニに行くだけでも外出になるし(笑)
名前:瞬 | 2012.04.05(木) 02:00 | URL | [Edit]

 


非公開コメント

 

Trackback

瞬

Author:瞬
−−−−−
とても極端で中途半端
双極性障害(型不明)の治療中
且つ、現在長い鬱期に悩まされ中
性自認がとても曖昧、中性(FtX/両性?)
そして、推定パンセクシュアル
性別不問で、好きになった人が好きな人

ここまで読んで、苦手な方はバックプリーズ
大丈夫な方、変人ですがよろしく
僕については、概略カテゴリをどうぞ
【前略プロフィール】
【Twitter】45shun88
【Chat】 in rom
※直連絡はメールフォームから
※ブログはPCでの閲覧推奨

 

Comments<>+-
Trackback <> + -

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 独白, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。