双極性障害の治療中。 性自認が曖昧で、推定パンセクシュアルの人が気ままに自由に独り言。
http://884588.blog.fc2.com/

 

 

--.--.--.--(--:--)
スポンサーサイト

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

2012.01.03.Tue(14:38)
双極性障害、あらまし

 

小さな頃、僕は内気な子だった
強く言われれば言い返せず、従うような子ども

親にはそんな風に扱われたことは一度たりともなかったから、友達関係だけ、だったんだけれど



そんな僕の長いあらまし、興味があれば


 

more





僕も中学に上がり、小学生までの自分と決別しよう、と、急に思い立って
1年生の頃から、学級委員長に立候補するようになった
生徒会役員も3年間務め、3年では会長をしていたくらい、で

そうだったんだけれど、3年生のある時から、学校に行くのがとても大変になった
遅刻日数も、年間を通じて120日を越えるほど
一度行ってしまえば、早退はしないのだけれど
……低俗な男子から、まぁ、言ってしまえば軽いいじめ的なものは受けていた、かなぁ
あんまり気にしてなかったんだ、その時は

だけど、どうしても、どうしても、何もできなくて

楽しかったことも、楽しくなくなったり、学校が憂鬱になったり、ご飯が食べられなくなったり

調子の上がり下がりをするように、なった




そんな僕も卒業して、結局家から一番近いというだけで高校を選んで入学した
自宅から学校まで、爆チャリで3分っていう、好条件
成績は、市内上から3番目

入学したときは、普通、だったんだと思う

異変を感じたのは、1年の後半から、だったか
また、学校に行くのが憂鬱になった
…尋常じゃない、レベルで
部活のせいで、椎間板ヘルニアになった挙句、入院までしなきゃならなかったから、勉強も置いていかれるようになっちゃったし、ねぇ

それも一時期落ち着いて、2年の頃は学校が楽しかった…と、思う
授業が終わったら好きな先輩が居る部活に行くか、友達と遊びに行くか、してた
おかしくなったのは、3年かな

高校三年間の間にも、拒食と過食を繰り返したりしてたのはそう、なんだけれど
保健室登校、且つ、多分僕に女の子の好みというものを理解させた友達に、迎えに来てもらわないと教室にいけない、くらい
単位が危なくならない程度に、授業にも出席してたから、卒業はできたんだ


それから、単身名古屋へ進学した


理由は、学校の講師の方が良かったことと、大好きな人が居たから
その人とは、今はもう友達、だけれど……当時は、本当に本当に、大好きだった


…まぁ、その恋愛話は、今回は置いておいて、そのうちにまとめようと思うよ





1年目前半は、ホームシックを繰り返して、大惨事で
後半から2年目の10月まで、学校に行くのがとても大変だった

今思うと、何でも楽しく社交的でハイテンションな時期が続いたと思えば、
何も楽しくなくて内向的でローテンションな時期が、必ず来ていて、繰り返す

名古屋生活2年目の10月からは、しばらくの間とても元気、だった
卒業後、諸事情で実家に帰ることになってしまったんだけれども




中学生の頃から、神経科、心療内科、と通ってみてはいたんだけど
軽いうつ状態、とか、境界性人格障害、とか…そんな風に診断されていた




そして近い話になるけれど、去年、職場の上司からのセクハラパワハラに遭遇してしまい、もう彼の顔を見て話すのも困難になって
緩やかな上昇下落を繰り返していながらも働けていたのが、一気に、落ちた


「……もう、駄目です…帰らせてください…病院、行きます」


そうやって小さな声でつぶやいた僕を見ていた、同い年の上司の顔は、なんだか忘れられずにいる





そこから、僕の精神科通いが始まった

母に迎えに来てもらい、病院へ連れて行ってもらった
事前カウンセリング的なものを受けて(家族構成、学歴等)それから、診察室へ

今までのあらましを、上記のように説明したら、そのときに下った診断が、この双極性障害、だったんだ


某服屋勤務だった頃、翌日の出勤が7時半の日でも、朝方まで遊びまわっていたりだとか(それも、1週間ぶっ続けで、とか)
突然、仕事に行くのが大変になって、行けなくなったり、だとか




自分はとても才知ある人間だ、と思ってしまったりだとか

自分はどうしようもなく駄目な人間だ、と思ってしまったりだとか



その時々で気分が変わりすぎるのは、性格だと思ってたよ
そうしたら、違ったんだから、……僕は、僕の本質を、見失ってしまった



だから今、僕は自分の性格が、よくわからない


わかることといえば、真丁寧で、正義感が強く、頑固で理屈っぽいこと、くらいか


自傷行為は、楽になるから時々、してしまう、悪い癖
右利きだから、左の腕に、薄い切り痕がちらほらと、いくつか
……やりたくて、やってるんじゃあ、ないんだけれど



…………とまぁ、こんな感じで、最近は療養期間と称して生活、しております
のうのうと、…本当に、のうのうと


僕なんかが生きてて良いのかと、よく自身に問うてしまうのだけれど…
大好きな母が、生きていてくれたら、あとはなんだっていい、と言ってくれたから
その言葉を信じて、なんとか、駄目なりに生きています





……長かった、ねぇ…しかもイマイチ、説明下手で(笑)
こういうこと、上手に書ける人って、うらやましいと思う






あれか、さっき呑んだワインのせい、かなぁ

恋愛やら性自認については、また、そのうち



読了、ありがとうございました



クリックしていただけると励みになります

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 両性愛・バイ(ノンアダルト)へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

 

  1. テーマ * 双極性障害(躁鬱病)
  2. ジャンル * 心と身体
  3. TAG.list *  双極性障害 
 

 

 
Comment

 


非公開コメント

 

Trackback

瞬

Author:瞬
−−−−−
とても極端で中途半端
双極性障害(型不明)の治療中
且つ、現在長い鬱期に悩まされ中
性自認がとても曖昧、中性(FtX/両性?)
そして、推定パンセクシュアル
性別不問で、好きになった人が好きな人

ここまで読んで、苦手な方はバックプリーズ
大丈夫な方、変人ですがよろしく
僕については、概略カテゴリをどうぞ
【前略プロフィール】
【Twitter】45shun88
【Chat】 in rom
※直連絡はメールフォームから
※ブログはPCでの閲覧推奨

 

Comments<>+-
Trackback <> + -

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 独白, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。