双極性障害の治療中。 性自認が曖昧で、推定パンセクシュアルの人が気ままに自由に独り言。
http://884588.blog.fc2.com/

 

 

--.--.--.--(--:--)
スポンサーサイト

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

2012.01.08.Sun(23:23)
性自認、あらまし

 

概略カテゴリのシリーズ(?)第二弾のネタとしてもってきた、よ
(第一弾はこちら→双極性障害、あらまし)


……昔から、女らしい、男らしい、そんな言葉に厭気がさしていた

「もっと女の子らしく」と言われたかと思えば、
「女の子だね」と言われたり
「その辺の男より男らしいな」と言われたり

その、男らしい、女らしいって、何なんだろうと
よくわからない僕の、よくわからない性自認

もし、興味があれば
 

more




僕は、その時々で、男と女の…所謂"特徴"を繰り返す
このブログにも、ちらほら書いてはいるけれど、今は完全に男期で
二つの特徴を挙げるならば、

【男期】
・髪をショートにしたくなる
・地声が低めになる
・『私』という一人称に違和感を感じる
・心内の一人称が『僕』または『俺』になる
・男物の服ばかり着るようになる(傾向としてはお兄系)
・女扱いされることに尋常じゃない違和感を感じる
・身長コンプレックスに陥る(シークレットソールで上げ底)
・化粧がVホス系っぽい感じになる(薄くなる)
・ただでさえ薄い恋愛ごとから更に興味が薄くなる
・黒、グレー、ダークレッドが好き

…等

【女期】
・髪を伸ばしたくなる
・喋り方が甘えた感じになる
・『私』と言うことに違和感を感じない
・ふわふわ、ふりふりした服ばかり着る
・スカートがやたらと多くなる
・身長を上げたくなくてヒールを履かなくなる
・化粧が濃くなる
・女の子扱いされると嬉しくなる
・彼氏が欲しくなる
・ピンク大好き
 
…等


ざっと挙げるとこんな感じだろうか、ねぇ
共通点と言えば、ぬいぐるみが好きなことと、結婚願望が全くないことだろうか
それはまた、恋愛についてで、触れようと思う




僕の家は、祖母は男やら女やらにこだわる、女は男に従うべきもの、のような古い人間なんだけれど
母にはそんなものはなくって(年の差婚な父には、ややあるかもしれない)
昔から、性差無く育てられてきた

ブログにも書いてるけども、僕には、GIDの姉が居る
MtFで、心の中が可愛らしいと思われる、見た目は兄な、姉
それを知ったのは僕が23歳の時だったから、特別僕の性自認が曖昧になったことについては、無関係に思えてる
幼い頃からならともかく、ねぇ






それは多分、父方の実家で一番最初に疑問に思ったことから、始まる

どっかりと腰掛けた男たち
せかせかと動き回る女たち

子どもながらその光景の違和感と、兄には言われない一言

「女の子なんだからお手伝いしなさい」

なんて不公平なんだ、と思った僕はいつも、「Kちゃんもやるならやる」と答えていた
田舎の大人たちにとっては、なんて生意気な娘だと思ったことだろう

そもそも、お手伝いに男も女も関係あるのか?とか
なんで男はみんな座ってるのに、女はみんな立ってるの?とか
あの田舎の祖父一族は、苦手だし、謎だ


幼稚園の頃は、母の趣味でふりふりした服ばかり着ていた、と、思う
アルバム見ても、そうだしな
未だに、「ふりふりパンツの子」みたいな印象、残ってるらしいし
自分の性別に違和感も感じなかった…んだと、思ってる
……多分、だけれど

小学生の頃に、初めて違和感を感じた記憶が、男と女でランドセルの色が違うこと
昭和生まれなんで、赤か黒が主流だったわけなんだ
今みたいに、カラフルだったらよかったのに

どうして自分は赤いランドセルを持ってるんだろう

そう思った記憶、あるんだ、うっすらとでも、強烈に
だから僕は3年生の時点で、紺色のリュック型な鞄を持つようになってた
多分あの時が、極々薄い、男期の到来
因みに髪の毛は、5年生で切るまでずっと長かったように思う
5年生からは、赤黒服の髑髏にジップ、なパンクファッションを好むようになって
髪の毛は短かったと、思う…多分
胸が膨らむのも早かったからか、男の子になりたかった

そして中学生、やっぱり多感な時期で
相も変わらず髪を伸ばしたり切ったり繰り返しつつ、中学の3年後期までは長かった、腰付近まであるくらいに
髪の長さが、一種のバロメーターみたいな感じ、で
3年生の後期に、ばっさりと髪を切った
制服のようなセンタープレスの黒いパンツと、Yシャツに紺のカーディガンで、よく出歩いてた
病院のトイレで小さく叫ばれたくらいには、男の子だったんだと、思う…見た目に

高校生の時は、中学とは逆で
落ち着いてたのは1年生の時だけで、2・3年の時は明らかに男になりたかった
バンドも組んでたし、尚更かも知れないけれど
その時初めて、彼女が居たりしてた




そんな感じで、僕の中に居る男の部分が、顔を出す

どうしてなのかは、僕にもわからないんだけれど




男の声が欲しかった
もっと身長が欲しかった
膨らまない平らな胸が欲しかった

これは、男期には必ず思ってること

孕む側じゃあなく、孕ませる側になりたかった
大切な人を守る、力強い腕が欲しかった

これは、今の男期に思ってること


努力は、してるよ
握力は、~60くらいあるし
ゲームセンターにある、パンチの測定器だと、100以上は軽い

だけど、力強さだけが男じゃないと、わかってる

それでも、女の身体に生まれついてしまったからには、せめて、負けないように、と
鍛えるのを、やめてはいけないと、思ってる








結局、男らしくなりたいわけでも、女らしくなりたいわけでも、ないんだろうと思うよ
そもそも、何々らしい、っていう、曖昧な定義、好まないし


だから、自分の性自認は、曖昧なんだ


僕は男でも、女でもない、中性だと、思ってる
その時々で、中身が入れ替わってるのかもしれない、とだけ

性同一性障害か、と問われれば、甘んじて女の身体は受け入れられるから、違うと思うし
これ以上、障害を増やしたくはないから、医者への相談はしないように、してる




ただ、幸せな結婚だとか、妊娠出産だとか、女の幸せだとか、男の甲斐性だとか、一人前だとか
そういうのに、全く以て、興味がない
というより、自分には関係のないこと、だと認識してる、方が正しいかなぁ









女の身体に収まってしまった、どちらの性別でもない一人の人間

恐らく、それが僕の性自認の、回答





よくわからない、かなぁ……自分が感じるままに文章にするって、難しいねぇ


読了、ありがとうございました

クリックしていただけると励みになります

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 両性愛・バイ(ノンアダルト)へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

 

  1. テーマ * 女性化・男性化・中性化
  2. ジャンル * 心と身体
 

 

 
Comment
 

No title

はじめまして。
ブログ村からやってきました。

まさにわたしと同じ感覚です。

髪を伸ばしてフワフワの可愛い服を着て、内股でちょこちょこ歩いて…
かと思えば、髪をショートにしてパンクなカッコして中指立てちゃったり。笑

性というもの自体が曖昧なグラデーションだから、自分がどう感じるか(自認)は自由だとわたしは思います。

女の子なんだから…と言われるたびに、なんで弟は何もしなくていいんだ?おかしいだろ、と思ってたし。それ親に言ったら、アホか、で終わったし。

身長についての悩みも痛いほど分かるし…。あ、わたしみたいな人もいるんだ、って安心したというか、会えてよかったです。笑

名前:hys | 2012.01.09(月) 15:57 | URL | [Edit]
 

Re: No title

>hys様

初めまして

僕も、今、なんだかとてもうれしいです
あぁ、僕だけじゃないんだなぁ、と思って

どちらかに偏ってる人は居ても、なかなか変動するっていう人に会ったこと、なくって

僕の家との違いは、アホか、では終わらないところ、ですかねぇ…ちょっと、そういう返し方をされると、多分吃驚、します(笑)

身長もまぁ、平均よりは結構高いので、僕よりも背の小さい男も多いんですが、
やっぱり、175cm以上欲しかったっていうのと、
ヒールを履きたい時には、必要以上に高くなってしまう、とかで
悩み、尽きませんよねぇ

こちらこそ、出会えて、よかったです
コメントありがとうございました
名前:瞬 | 2012.01.09(月) 20:16 | URL | [Edit]
 

GID

こんにちは、瞬さん
私はGID診断を下されたMtFです。ホルモン注射と経口ホルモンだけでノーオペです
性自認はもちろん女性ですが、性嗜好はAセク寄りのバイと言う感じでしょうか
やっぱり2つの心を持っていると思います
「好きになった人が好き」という瞬さんの言葉がぴったりかもしれません
昔は姿かたちばかり女性になる事を追い求めていましたが、今はもうあまりこだわりがありません
なんか「去勢されたオス猫」は「メス猫」になるわけじゃなくて、あくまでも「去勢されたオス猫」に過ぎないってことに気づいてしまったからかもしれません

所詮、男性は女性の畸形ですから、瞬さんが2つの心を持っているのも自然な事ではないかと思います
記事を拝読させていただき、とても共感できました
男女の偏見なく、人を好きになれるって素晴らしいことだと思います

偏見と出会いや理解者が少ないのが難点ですが^^;



名前:灰音 | 2012.01.11(水) 04:00 | URL | [Edit]
 

Re: GID

>灰音さん

こんにちは、灰音さん。コメントいただけるとか思ってなかったので、ドキドキしています(笑)

自分の兄…姉?が灰音さんと同じで、MtFの性同一性障害治療中なんですが、まだまだ見た目が男で
何の努力もしていない様子になぜか、僕が焦燥感を感じてしまっていたりします
灰音さんのように、少しでも見た目に気を遣う様くらい、見てみたいものです…
って、愚痴ですねこれじゃあ。すみません

二つの心を持っていて、息苦しさはありませんでしたか?
僕はこうしてまとめられるように、自身で認められるようになるまで、とても苦しかったです
だけれど、本当に性別なんか関係なく、その相手の人間性を愛せるのは、自身の宗教には反してしまうのですが、僕の誇りでもあります

姿形にこだわりが薄くなった、気づきのきっかけなんかはあるんでしょうか
去勢されたオス猫、という気持ちは、僕には残念だけど理解しかねてしまうのが、悲しいです

共感、ありがとうございます
偏見に晒されやすいけれど、持って生まれてしまったものを大切にしていきたいものですね
名前:瞬 | 2012.01.11(水) 14:58 | URL | [Edit]

 


非公開コメント

 

Trackback

瞬

Author:瞬
−−−−−
とても極端で中途半端
双極性障害(型不明)の治療中
且つ、現在長い鬱期に悩まされ中
性自認がとても曖昧、中性(FtX/両性?)
そして、推定パンセクシュアル
性別不問で、好きになった人が好きな人

ここまで読んで、苦手な方はバックプリーズ
大丈夫な方、変人ですがよろしく
僕については、概略カテゴリをどうぞ
【前略プロフィール】
【Twitter】45shun88
【Chat】 in rom
※直連絡はメールフォームから
※ブログはPCでの閲覧推奨

 

Comments<>+-
Trackback <> + -

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 独白, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。